引越し 単身パック 中身

単身パックの利用で気を付けることは?

単身パックで引越しの場合タンスなどの中身はどうすれば?お勧め引越し一括見積もり

 

引越しをする際に料金を安くするためには、
単身パックから検討してみると良いですね。
しかし、場合によっては単身パックが利用できない方もいるのです。

 

それは、一般的な一人暮らしに比べて荷物量の多い方。
そういった場合には通常プランを選択することになるかもしれません。

 

また、単身パックを利用しようと思っているけれど
荷物はどの程度まで梱包すればよいのか?
という疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。
例えば、タンスの中身もすべて出して
段ボールに詰めなければならないのかという疑問がありますよね。

 

そこで、荷物量が多い方の単身パック対策や、荷造りに関してご紹介しましょう。

 

荷物の中身はできるだけ少ない方が良い

一人暮らしなのに単身パックが利用できない方の多くは、
大きな家具や家電を使っていたり、荷物量が多いという特徴があります。
そのため、不要な荷物はすべて処分してみましょう。

 

例えば、タンスの中身をチェックし、その中でいらないものはないでしょうか。
1年以内に手にしていないものはその後も手にする可能性が低いと言われているので、
1年以内に使ったか使わないかということを一つの基準にしてものを選別してみましょう。

 

引越しまでにあまり時間がないという方の場合、
とりあえず荷物をすべて持っていって引越しが落ち着いてから
分別しようと思っている方もいるかもしれません。

 

しかし、荷物量が多ければ多いほど引越し料金が高くかかってしまうわけなので、
引越し料金を安く抑えるためにも
できるだけ早い段階で不用品の処分を行っておきたいところです。

 

不用品の処分方法について

タンスの中身や荷物を整理していたところ、使わないものが多数出てきた。
けれど、まだまだ使えるものだし捨てるのはもったいない…というものがあるかもしれません。

価値のあるものならば無理に捨ててしまうのではなく、
オークションやリサイクルショップで処分することを検討してみると良いでしょう。

特に大きなものなどはゴミとして処分する際にお金がかかってしまう場合もありますよね。
不用品を処分するのにお金を支払うのはもったいないので、
そういったものこそリサイクルショップに持ち込んでみるのがおすすめです。

 

リサイクルショップで値がつかなかったとしても
オークションやフリマアプリを使って売る方法もあります。
しかし、この方法は落札から発送までに時間がかかるケースもあるため、
引越しまでに時間がないという方にはあまりおすすめできません。

 

その場合は、友人にもらってくれる人がいないか
声をかけてみるなどの対策を取ってみてはどうでしょうか。

 

荷物量が多いという理由で単身パックが選択できなかった方の中には、
不用品を処分したところ無事に単身パックが利用できるようになったという方もいます。

 

引越し料金を抑えるためには単身パックが利用できるかどうかというのが
大きなポイントになってくるので、このあたりはよくチェックしてみてくださいね。

 

単身パックで引越しの場合タンスなどの中身はどうすれば?お勧め引越し一括見積もり

 

単身パックの荷造りについて。タンスの中身は?

無事に単身パックを利用できることになった場合、

チェストやタンスの中身というのはどうすればよいのでしょうか。

結論から言ってしまうと、これは業者によって基準が異なります。
中身はそのままでいいというところもあれば、
すべて取り出して段ボールに別途梱包しておくように言われるケースもあるのです。

ただ、通常プランの場合はタンスの中身を入れたままで良いものの、
単身パックの場合は取り出して箱詰めしなければならないケースもあります。

 

このあたりは、直接選択する業者に聞くのが確実だといえるでしょう。

 

気をつけなければならないのが、荷物量が多い方です。
例えば、タンスの中身を入れたままで運んでくれる業者であれば何とか
コンテナボックスに荷物が収まるものの、
それらをすべて段ボールに移し変えなければならないということだと
荷物が溢れてしまう方もいますよね。

 

中身を入れたままで運んでくれるかどうかによって選択できる業者も代わってくるはずです。

 

タンスの中身を入れたままで運んでもらう際の注意点

業者によっては、タンスの中身を入れたままでも問題はないものの、
中身が壊れてしまった場合には補償ができないというところもあります。

そのため、タンスの中身が動かないように毛布などを詰めて隙間を埋めたり、
移動途中に中身が飛び出さないように口をガムテープでしっかりとめておくなどの対策が必要です。

 

プラスチック製の衣装ケースならば一般的なガムテープでも
問題ないかもしれませんがテープを剥がした際に
塗装が剥がれるようなものは養生テープを使うなどして対策をとりましょう。

 

自分の場合はどの業者の単身パックを選択すれば
最も料金を抑えられるのかわからない、
中身を入れたままで運んでもらえるのかがわからないということであれば、
各業者に直接確認するのがおすすめです。

 

ある程度の業者の目星をつけるためには
一括見積もりサービスを利用してみましょう。
無料で利用できる一括見積もりサービスを利用すれば
簡単に業者が比較できます。

 

1社ずつ連絡をしていく必要もないので、非常に便利です。

 

単身パックで引越しの場合タンスなどの中身はどうすれば?お勧め一括見積もり

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。]

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

LIFULL 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

LIFULL 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。